2008年11月26日

介護福祉の仕事をしている知り合い

介護福祉の仕事って、かなり大変みたいですね。
知り合いのホームヘルパーさんが、「割に合わん!」って言ってました。
とか言いながら、ずっと続けているんですよね。
面と向かっては言いませんが、尊敬しています。

そういえば、介護の中でも食事介助というのが、とっても大切なんだそうです。
人間食べないと、何も出来ないですからね。

介護の仕事に興味を持ち始めた、今日この頃です。
posted by にょり at 17:47| Comment(36) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

薄毛、抜け毛対策に違いあり!日本は●●●、米国は???

抜け毛対策や薄毛対策の考え方が、日本人とアメリカ人では、全然違うんですって!
やはり、人種が違うと考え方も変わるんですかね?

 頭髪の薄毛、抜け毛について、米国人は食事や睡眠など健康管理に気をつかっているのに対し、日本人は育毛剤など直接的な手段で悩みを解消しようとしていることが、万有製薬(東京)の調査(6〜7月)で分かった。 調査は、薄毛、抜け毛を自覚している20〜49歳の日本人、米国人の計659人から、インターネットを通じて回答を得た。 結果によると、髪が薄くなってきたと気づいた年齢で最も多いのが、日本人は40〜45歳未満、米国人は25〜30歳未満で、自覚年齢は“日老米若”。薄毛、抜け毛を気にしている日本人は58・6%で、米国人の70・6%を大きく下回る。気にする理由のトップは、米国人の「老けて見える」に対し、日本人は「カッコよくない」。 現状を「何とかしたい」と考える日本人は60・1%で、こちらも米国人の74・5%を下回る。米国人の3人に1人が周囲の態度が変わったと答えたが、周囲の変化を感じている日本人は1割にとどまっており、他人の目を意識する程度の差が影響していそうだ。 しかし、何らかの解消法を実践した経験がある日本人は54・4%で、米国人の39・9%を上回った。日本人は「ヘアトリートメント」「育毛剤」「頭皮ケア」など直接的であるのに対し、米国人は「バランスのよい食事」「ストレスをためない」「睡眠を十分とる」など健康全般への配慮が目立つ。 薄毛、抜け毛を目立たなくするための工夫は「髪形」が日米ともにトップ。ただ、日本人はほかに「帽子をよくかぶる」ぐらいだが、米国人は「服装」「ヒゲを生やした」「髪をそった」など個性的だ。

【関連記事】
雨上がり決死隊・宮迫やっぱり薄毛だった!
これで若ハゲSTOP!? 原因DNAの変異発見
頭の光で世の中明るく 青森「ツル多はげます会」
「ぞうもう」で町おこし 北海道増毛町、土産も発売
抜け毛防止の育毛シャンプー


薄毛、抜け毛対策に違い 日本は育毛剤、米国は食事や睡眠など(産経新聞)-YAHOO!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081021-00000532-san-soci

posted by にょり at 11:47| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。